貯金箱を持つ男女

業社の販売ルートをチェックして

ウイスキーを高価買取したいなら、買取業者を選ぶ必要があります。買取業者には種類があり、買い取ったアイテムをどのようなルートで売っているかがポイントです。特にウイスキーの中古買取では、国内ルートのみに販売ルートを持つ業社か、海外にもルートがあるかで買取価格は違います。国内外に再販するルートを持っている業者は、販売ルートが太くより高値で中古のお酒を売れる業者と言えます。このため、買い取る時に価格設定を高めにしている場合が多いです。

査定人の種類で業者を選択しよう

買取業者には業者ごとの強みが異なります。ブランド品に精通している査定人が多い業者にウイスキーを持ち込んでも、適した価値をつけて貰えないかもしれません。特にウイスキーは、熟成年数やメーカーなどによって価値が違うアイテムです。同じ銘柄であっても、販売された年が違うだけで数十万円の差がつくケースも少なくありません。業者選びに迷ったら、事前に買取業者へ問い合わせてウイスキーについて質問してみるのも良い手段です。基礎知識のない業者はお酒を適した査定で評価できないと言えます。また、ひとつの業者ではなく、複数の業者に見積もりを依頼して、買取り額を確認してから選択するとよいでしょう。

国産メーカーは中古市場で需要がある

近年、日本産のウイスキーは人気があり、酒屋やスーパーで品切れ状態が続いている種類もあります。ウイスキーをいずれ中古買取するつもりで購入するなら、話題となっている国産メーカーを選ぶと高価買取になりやすいです。国産ウイスキーを製造するために必要なモルト原酒が足りておらず、出荷数が落ち込む状態が今後も長期に渡って続くと言えます。一方で、海外の有名なウイスキーの品評会で国産メーカーは高い評価を受け、国内外でとても人気が出ているのです。このため、新品で購入するのが難しい国産メーカーは中古市場で高い需要があります。

いかに新品の状態に近いかが高額査定のコツ

ウイスキーを中古買取する場合には、品質が劣化していないかが買取価格を左右します。開封済みのものでも人気が高い銘柄は買い取って貰えますが、査定評価に影響するのが一般的です。ウイスキーは光に弱く、水色が変化する場合もあります。保存状態を良くして、キャップの上に貼られている紙製や金属製のシールは剥がさないようにしましょう。また、最初から本体に付属していたアイテムは捨てないのも大切です。パッケージのボックスや、小冊子などが付属品になっているケースも多く、全てが揃っていると買取価格が高くなります。いかに新品の状態を保つかがウイスキー買取では大切です。このため、査定する際は事前にウイスキーのボトルやボックスに付着した汚れなどは拭き掃除などをしておくと良いでしょう。ただし、ウイスキーのボトルに貼られているラベルを水拭きなどで傷めないように注意して下さい。

広告募集中